こどもといっしょは、たのしい
        ラグジュアリーな子連れ旅情報メディア
Original Article 特集記事を読む
Luxury Stay 親子で楽しめる、一流のお宿を探す
KIT オリジナルキットを使う
Other その他

HOW TO TAKE BETTER PHOTOS

可愛い赤ちゃん写真の撮り方

0~1歳までの新生児や乳児は、ママやパパにたくさんの癒しと幸せを与えてくれる大事な存在。
赤ちゃんたちと過ごす1日1日は、今しかないとっても貴重な時間です。
昨日はハイハイしかできなかったのに、今日はよちよち歩きができるようになっていたり…。
その成長スピードには驚かされる毎日です。

「赤ちゃんの日々成長する瞬間を写真に納めておきたい!」と願うママパパのために、
Luntanでは、可愛い赤ちゃん写真を、気軽にスマホで撮影できるテクニックをご紹介いたします。

可愛い赤ちゃん写真への道3POINT TURTORIAL & TIPS

ピントを合わせよう

スマホでの赤ちゃん写真で最も重要な事は、「ピントを合わせる事」。最近は機能の豊富な写真編集アプリがあるので、「明るさ」や「コントラスト」「色彩」などはアプリを使用すれば簡単に調整する事ができます。しかし、撮影の時点でピントが合っていない場合は、いくらアプリで加工しても、ぼんやりとした写真に仕上がってしまいます。

撮影した写真のピントは合っている?

撮影したらすぐに画像をピンチアウトして拡大しましょう!
「赤ちゃんの顔がぼけていませんか?」
「目立たせたい背景(文字や模様など)が見づらくなってませんか?」

iPhoneで撮影した写真をそのまま確認するとピントが合っている様に見えても、アプリで加工する時になって、ピントが合っていない事に気づく事も多いです。せっかく撮影したのにがっくり…なんていう事にならない様、撮影したら画像を拡大してピントが合っているかの確認をする様にしましょう。
例:ピントがきちんと合っている場合

しっかりとピントが合っていますが、少し暗くて色彩がダークなのでアプリで加工します。

アプリで加工すると、一気に洗練された印象に!。

例:ピントがきちんと合っていない場合

しっかりとピントが合っていないので、全体的にぼやけて素人感が出てしまっています。

この場合、アプリで加工しても垢抜けない写真になってしまいます…

POINT01のまとめ Summary of Point 01

ピントさえ合えばこっちのもの!

Instagramで「#Luntan」を検索して、みんなのLuntan写真を見てみよう!

撮影に最適な時間を知ろう

写真のピントを合わせるには、光が重要です。「暗いとぼけやすくなる」「明るいとぼけにくくなる」という事をまずは覚えましょう。三脚などの固定器具があれば光が足りずともピントは合いますが、目まぐるしく動く赤ちゃんに大きな三脚での撮影はとっても大変。忙しいママパパには、「明るい時間にしっかり脇を締めて撮影する」方法がベストです。
ベストは午前中〜お昼の明るい窓辺

ベストは午前中〜お昼の明るい窓辺

写真撮影に手軽に利用できる最も強い光は自然光です。できるだけ11~14時頃の日の光が最も強い時間帯に、窓の大きい部屋のカーテンを開けはなし、たくさんの光を取り込む様にしましょう。野外で撮影する事も効果的ですが、冬場などは赤ちゃんが寒くない様に服装にご注意ください。

しっかり脇を締め、ピントを合わせたい箇所をタップして連写しましょう

しっかり脇を締め、ピントを合わせたい箇所をタップして連写しましょう

自然光をたくさん取り入れても、撮影する時に手ブレが大きければピントを合わせる事ができません。机や椅子で肘を固定できれば理想的ですが、難しい場合には、脇を締めるだけでも手ブレはおきにくくなります。撮影の構図を決めたら、しっかりと脇を締めて連続でシャッターボタンを押しましょう!数枚あるうちの1枚はピントが合っているはずです。また、すぐに用意できるミニ三脚(Gorila Pod)なども効果的です。

POINT02のまとめ Summary of Point 02

ピントを合わせるには、自然光と脇を締める事が大事!

Instagramで「#Luntan」を検索して、みんなのLuntan写真を見てみよう!

機能の豊富なアプリを活用しよう

ピントを合わせた写真さえあれば、暗くて味気ない写真でも見違える様に洗練された写真に返信させる事ができます。ここではオススメの加工アプリ2選をご紹介します。
VSCO Cam
VSCO Cam
10種類以上のフィルター、明るさ、コントラスト、トリミング、シャープ、色彩補正、ハイライトやシャドウの調整など、写真加工におけるあらゆる機能を使う事ができます。詳しい使い方はこちらをご参考にどうぞ。(引用:APP Bank)
Repix
Repix
加工したい場所をピンポイントに指でタップする、新感覚のアプリ。一眼レフで撮影した様な背景のぼかしや、キラキラエフェクトの挿入などに便利です。また、写真フレームの種類が豊富です。詳しい使い方はこちらをご参考にどうぞ。(引用:APP Bank)

POINT03のまとめ Summary of Point 03

アプリ加工で今どきなおしゃれ写真に!

Instagramで「#Luntan」を検索して、みんなのLuntan写真を見てみよう!

SOCIAL NETWORK

FOLLOW US!